公認会計士の日常タイトル

公認会計士試験の出題から合格

試験実施日程を受験願書の配布から合格までの流れを平成18年度の試験日程を参考に見ていきましょう。
まず最初に受験申込用紙(願書)を入手することです。
受験申込用紙の配布期間は公認会計士・監査審査会などのホームページに閲覧されているので確認してください。
受験申込用紙の配布期間は平成18年1月16日(月)〜平成18年3月3日(金)になります。
受験願書は公認会計士・監査審査会事務局及び各財務局等理財(第一)課で配付されているので、各財務局理財(第一)課へ郵送で請求します。
封筒の表には「公認会計士試験願書請求」と朱書きするのを忘れないようにしましょう。
それに中には140円分の郵便切手をり、宛て先と郵便番号を明記した、A4を折らずに封入できる返信用封筒を同封して請求します。
受験願書の受付期間は平成18年2月20日(月)〜平成18年3月3日(金)になります。
郵便局の書留で各財務局等理財(第一)課に送付し、封筒の表に「公認会計士試験受験願書在中」と朱書きします。
このとき、中に80円分の郵便切手を貼り、宛て先と郵便番号を明記した返信用封筒(長形3号)を同封します。
受付は郵送だけ受理されないので、直接持って行っても受理されないので気をつけてください。
それに受験願書に不備があった場合も受理されないので、受験願書は誤りがないように慎重に記入して確認するようにしましょう。
受験願書が戻ってきたら受験番号が記載されているものがあるので失くさないようにしましょう。
そして、試験なのですが、最初は答式試験が行われ、短答式試験は平成18年5月28日と6月4日の二日間行われます。
1日に2科目行われ、試験時間は1科目90分となっております。
しかし、財務会計論だけ180分になっています。
短答式試験の合格発表は平成18年7月5日の予定になっており、論文式試験は平成18年8月22日〜24日から行われます。
1日に2科目、試験時間は1科目120分となっております。
会計学は試験時間が長いので、午前と午後に分けて試験を行います。
論文式試験の合格発表は平成18年11月20日の予定になっています。
論文試験の全科目合格することによって、公認会計士試験最終合格となるのです。
詳しいことは公認会計士・監査審査会などのホームページに載っていると思うので閲覧すると良いでしょう。
試験の予定など変更する可能性があるので出願前に必ず確認するようにしましょう。

おすすめWEBサイト 5選

2016/7/21 更新

 

公認会計士の日常トップバー